” 半日 ” 使いにくい説

半日っていう言葉ありますよね

これって人間の活動時間を基準とした場合に午前を表現するときと午後を表現するときで差、いや格差があると思いませんか?

ということで半日という言葉の至らなさについて語っていきます。

 

考えてみて下さい、仮に午前8時前後ほどに起床し活動を開始し、午後12時に活動終了(就寝)とします。

そうしたときの活動時間は以下のようになります。

 

午前: 4  時間

午後:12 時間

 

これは、比にすると1:3になるよね!?

ということは人間の活動時間的には全然っ半分ではないよね!

もうパンドラの箱は開いちゃっているんだよね!!

 

というわけで結論兼、提案を次のようにしたいと思います。

 

1.半日は時間的意味にのみ使用

2.午前を表現するときの半日は1/4日とする

3.午後を表現するときの半日は3/4日とする

 

これにより午前と午後の表現がはっきりし世界の悪平等を治すことができました。

いや~よかったですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<あとがき>

正直、書き始めの時点からすごくどうでもよかった。