地獄の門開かれる、シベリア地下にて録音された地獄の声の真相

f:id:whiteswantown:20190829171112j:plain

 

ネットでそこそこ有名な都市伝説 " 地獄の声 " の真相をあるルートから手に入れたのでまたもやここで大々的に発表していくぞ.

 

とはいってもやはりこの話を知らないような情弱諸君のため,簡単にこの都市伝説のあらましを紹介してあげないこともない.

ではさっそく

 

概要

いきなりだが次の動画を見てほしい.重要なのは1分59秒からの音声だ.

音量を少し大きくするとよいかもしれない.やっぱり大きくしなくてもいい.


HELLSOUND FROM SIBERIA DIGGINGS

 

 

 

諸君らはこの音声がどのように聞こえただろうか.まるで苦しむ人々の叫び声のように聞こえないだろうか.この音声,驚くなかれ,録音されたのはシベリアのはるか地下14.4キロメートルの地点である.

 

ロシア(ソビエト連合)のアザコフ率いる技術チームは,シベリアにて地殻調査を行なった.地下に穴を掘っていったところ14.4キロメートル地点に予期しない空洞を発見.チームはそこに耐熱性の観測機,マイクを下ろし,その空洞を調べた.結果,空洞内部の温度が1000℃であることが分かり,マイクには先ほどの不気味な音声が録音された.

それはまさしく炎熱が罪人を焼く地獄を連想させるものであった.

このストーリーと音声は,アメリカの宗教テレビ放送局によって1984年に放送された.そしてこの音声を聞いた人々により地獄は本当に存在したのではないかと都市伝説として広まるようになった.

 

というのが今回の都市伝説” 地獄の声 ”の概要である.前回より簡潔にまとまめられたのではないだろうか?

さて,そんなわけでお次は真相パートである.皆さんご一緒に

 

      読者のワクワクを ⋯ ぶっ壊す!

                   この時事ネタは消費期限ぎりぎりokなはず...

真相

この音声にはある疑惑があった.それは1972年公開のイタリア映画「処刑男爵(原題:Baron Blood)」の音声の加工ではないかというものである.それを実際に検証した動画が次のものである.音声は英語だが心配はいらない.しいて言うならばバロンブラッドという発音を意識して聞くくらいがよいだろう.
ぶっちゃけ次の動画見ればこのあとの記事は読まなくてもよい.


Sounds of Hell Debunked

動画を見ればわかるのだが一応簡単なまとめを以下に.

動画にて証明されたのは次の二つである.

  1. 動画は元の音声をループさせたものである
  2. 地獄の声とBaron Bloodの音声は酷似している 

 

これ以外にも調べてもらえばわかるのだが録音された深さの情報が14.4キロメートル12キロメートルの2つで表記が揺れている.これはおそらくロシアのコラ半島にある世界一深い12キロメートルの穴とこの都市伝説のシベリアの穴の深さの14.4キロメートルとが混ざったためだと推測する.その混ざった原因としてはコラ半島の穴の深さは公的な情報でギネスにも載っている.一方でシベリアのほうの深さは眉唾物である.記事を書く上で調べものをするのであれば公的な情報のほうがすぐに手に入るであろうし(特に世界一の○○という情報は),場所も同じロシア領内ということで紛らわしいというのが混ざった原因と推測する.つまり何が言いたいかというと,この都市伝説は14.4キロメートルなんて言っている時点でかなり怪しい.

 

というわけで音声は作られたものである可能性がかなり高いという結論に至った.

 

さて記事はこれで終わりだ.

私はこの記事の初めで地獄の声をいきなり聞かせることでみんながビビっていただくという罠に引っかかてくれていることを祈りつつも引っかかった姿を楽しみにしていることをここに宣言してこの記事を締めさせていただく.